多彩な加工技術・高周波&超音波ウェルダー 株式会社共立高周波

高周波ウェルダー加工なら共立高周波へ

会社概要

会社概要

代表ごあいさつ

昭和53年、浜松の地にビニール製品の加工所として産声を上げました。
 
当初は従業員5~6名の小さな町工場でした。カードケースや手帳ケース、カセットケース入れ等を作り少しずつ地域内で名前を覚えていただけるようになりました。
 
昭和56年には株式会社として組織を変え、新たに自動車関連の仕事も手がけるようになりました。
 
以来30余年、ビニール製品の製造と自動車内装部品の製造を両輪に設備と技術力を高め、今日の共立高周波へと成長してまいりました。
 
お客様の様々なご要望にお応えし、高品質、低コスト、短納期を実現することで信頼を頂いてきたと確信しております。
 
平成17年には念願のISO 9001も取得し、社内教育はもちろんお客様へ自信を持って製品をお届けする事ができる様になりました。
 
共立高周波は、『お客様に満足して頂ける“良い製品”を提供する』をモットーに掲げ、これからも社員一丸となり、努力を惜しまずに邁進するつもりです。
 
また、環境に配慮した活動を通じ、地域の皆様、そして社会に貢献できる企業になる様、より一層努力してまいります。
 
今後とも、皆様方のご指導、ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

概要・沿革

会社概要

 名称株式会社共立高周波
 設立1978年10月
 本社所在地静岡県浜松市東区丸塚町223-2
 第二工場静岡県浜松市東区丸塚町248.249
 資本金1000万円
 社員数30名(平成28年5月31日現在)
 事業種目高周波ウェルダー加工(自動車・雑貨)・超音波加工
打抜、プレス裁断、自動機裁断・自動車内装部品組立
 取引銀行浜松信用金庫(上新屋支店)・静岡銀行(上新屋支店)・商工組合中央金庫(浜松支店)
 主要取引先セーレン(株)・(株)キノックス・関西フェルトファブリック(株)・(株)スニック・林テレンプ(株)

 

会社沿革

1978年 10月ビニール加工業として浜松市瓜内町78番地に共立高周波を鈴木清が創立
1980年 11月株式会社共立高周波に組織変更 資本金430万円 鈴木清が社長就任
1982年 12月浜松市丸塚町223-2に移転
1991年   5月浜松市丸塚町250に第二工場開設
1991年 11月資本金1,000万円に増資
1994年   5月浜松市丸塚町249に第二工場増設
2003年   8月浜松市丸塚町247に第三工場開設
2005年   2月ISO9001 取得
2005年   7月浜松市丸塚町248に第二工場増設
2005年   8月浜松市丸塚町250番地売却
2010年   8月浜松市丸塚町247第三工場閉鎖
2010年 10月鈴木清が会長、鈴木雅彦が社長に就任

アクセスマップ

お問い合わせはこちら

ヒーター併用大型ウェルダー機による特殊加工
自動裁断機によるカット加工、フェルトASSY加工のことなら

株式会社 共立高周波

053-461-1919